新車モデルチェンジ情報

トヨタ 新型ハリアー 2017年にマイナーチェンジ!ターボエンジン採用へ

トヨタ自動車の中で絶大な人気を誇るクロスオーバーSUVのハリアー。

そのハリアーが2017年にマイナーチェンジを行います。

具体的な発売時期に関しては、現時点では2017年6月の見通しとなっています。

SUVの高級車として、国産トップクラスのハリアーは、かつて2代目まではレクサスRXとほぼ同様の内容が共有されたグローバルカーでしたが、現在の3代目からは、独自に開発された国内専用車となるほどトヨタ肝いりのSUVとなっています。

そんな日本人の為の日本人好みに合わせた新型ハリアーがモデルライフ後半に差し掛かり、ターボエンジン搭載やキーンルックデザイン採用などを施したビッグマイナーチェンジを行います。

Sponsored Link

トヨタ 新型ハリアー 2017年6月にマイナーチェンジ!

11

2017年にマイナーチェンジされる新型ハリアーの内容は以下の通りとなります。

  • デザインの大幅改良

⇒フロント・リア共にバンパー形状の改良。

その他新ボディカラー採用や新しいデザインのホイール採用。ヘッドランプのデザインも改良されLED採用の可能性大。インテリアの質感向上も図られる

  • 8AR型2.0L直4ターボエンジン搭載

⇒予想スペック 最大出力238ps、最大トルク35.7kgm

予想燃費性能JC08モードで13.0km/ℓ

  • トヨタの最新安全技術 「Toyota Safety Sense P」を搭載
  • ACCは全車速対応
  • 電動パーキングブレーキ搭載
  • 照明機能がサイドミラー下に採用
  • 流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)を最上級グレードに追加

新型ハリアーのマイナーチェンジで注目はダウンサイジングターボ

今回の新型ハリアーのマイナーチェンジで一番の注目は何といってもダウンサイジングターボエンジンの搭載です。

8RR-FTS型の2.0リッター直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンが採用されるわけですが、これはすでにレクサスNXやクラウンアスリートで採用されているという実績のあるターボエンジンになります。

トヨタ車としてはハリアーが初のFF車に最新の8AR-FTS型エンジンが搭載となります。

1

この8AR-FTS型エンジンは、自然吸気2.5Lエンジンを超えるトルクを実現させたトヨタ初のダウンサイジングターボであり、シリンダーヘッド一体型水冷式エキゾーストマニホールドで排気ガス温度を最適化することにより、高い出力性能と燃費性能を実現させたものとなっています。

新型ハリアー ターボ以外のグレードに関して

マイナーチェンジ後のハリアーのグレードとしてターボモデル以外については、マイナーチェンジ前と同じくNAの2.0リッターDOHCエンジン(3ZR-FAE型)ガソリンモデルと2.5リッターDOHCエンジン(2AR-FXE型)+2モーター(フロント2JM型、リヤ2FM型)のハイブリッドモデルが販売継続されます。

新型ハリアーにトヨタセーフティセンスP採用で最新の安全性能を装備

今回のマイナーチェンジで新たに装備されるトヨタセーフティセンスP。

これは、クラウンやランドクルーザー、プリウス、C-HRといったトヨタの普通車以上に装備されるトヨタセーフティセンスの上級モデルとなる。

トヨタセーフティセンスPには、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した高精度な検知センサーが用いられており、

①プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

②レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

③オートマチックハイビーム

④レーダークルーズコントロール

といった機能を備えています。

歩行者の検知に対応した自動ブレーキや自動車専用道路にて大幅に疲れが軽減できるレーダークルーズコントロール等々、新型ハリアーにはドライバーにとってこれまで以上に安全で快適な内容が備わることとなります。

インテリアはより高級に

新型ハリアーのインテリアは、

  • オートスライドアウェイ機能を運転席に搭載
  • 9.2インチへディスプレイが拡大
  • カードキー採用
  • 前席がシートベンチレーション&アルミの削りだしシフトパネル採用(上級グレード)
  • ピアノブラックのドアノブパネル採用
  • ターボモデルにステッチ入り

といった内容へ改良される見通しです。

Sponsored Link

新型ハリアーのライバルの状況は?

新型ハリアーのライバルの動きとしては、以下の通りとなります。

・マツダCX-5

2

マツダのCX-5は2017年2月にフルモデルチェンジしました。

新型CX-9に搭載された2.0Lターボエンジン搭載の期待が高まっており、Gベクタリングコントロール等マツダ最新の技術が投入されることになります。

・日産 エクストレイル

3

日産のエクストレイルについては、2017年にマイナーチェンジが見込まれています。

同一車線自動運転技術プロパイロット採用や、場合によっては新型ノートに搭載される新ハイブリッドシステムのe-power搭載の可能性もあり、ハリアーにとっては強力なライバルとなりそうです。

・スバル フォレスター

5

スバルのフォレスターは2017年もしくは2018年にフルモデルチェンジを行う見通しです。

評判高いアイサイトの最新モデル搭載の可能性が高いです。

新型ハリアーの発売時期と価格

新型ハリアーの発売時期は2017年6月が有力であり、予想価格はターボモデルが365万円スタートとなりそうです。

新型ハリアーのマイナーチェンジ関するまとめ

初代ハリアーが誕生したのが1997年であり、ちょうどその誕生20年周年となる2017年にマイナーチェンジされる3代目ハリアー。

スポーティで最新の安全装備を備えることで現在以上のシェア拡大が期待されます。

ヴェゼル等のコンパクトSUVが勢いが出ている中、高級SUVとしてどこまでライバルのSUVに立ち向かうことができるのか注目です。


※あなたの車いくらで売れると思いますか?

「かんたん車査定ガイド」なら、あなたの愛車の買取相場が無料でスグに見れます。

少しでも高く車を売りたい人は是非参考にしてみて下さい。

⇒45秒で結果が分かる!かんたん車査定ガイドはこちら
Sponsored Link

関連記事

  1. ダイハツ 新型タント・タントカスタムが2017年にフルモデルチェ…
  2. スバル 新型XVは2017年3月にフルモデルチェンジ発表!ダウン…
  3. トヨタ センチュリーのフルモデルチェンジが2017年に20年ぶり…
  4. 日産 新型エクストレイルが2017年にマイナーチェンジへ!最新情…
  5. 日産 新型エルグランド フルモデルチェンジは2018年か?e-P…
  6. スズキ 新型スイフト スポーツが2016年モデルチェンジ!ターボ…
  7. ホンダ 新型N-BOXが2017年にフルモデルチェンジ!燃費性能…
  8. スバル フォレスターがE型へ最後のマイナーチェンジ!2017年4…
PAGE TOP