新車モデルチェンジ情報

ホンダ 新型フィット 2017年4月にマイナーチェンジ!燃費等どう進化する?

ホンダ人気のコンパクトカーのフィット。

2013年に発売され、2015年9月には小改良がされましたが、2017年4月頃にビッグマイナーチェンジをすると予想されます。

今回は、デザインの改良に加え、安全装備のホンダセンシング搭載が大きな注目ポイントとなります。

Sponsored Link

フィットがビッグマイナーチェンジ!

ホンダフィットで現行型初となるビッグマイナーチェンジが2017年春に行われると見られています。

トヨタのアクアに次いで大人気のコンパクトカーとなっているフィットですが、

  • UVカット機能付のフロントガラス
  • シートヒーター搭載

等々、運転手や乗車する人それぞれにとってありがたい機能や構造になっていることも売れている理由と考えられます。

しかしながら、最近はライバル車の勢いが増しており、さらに現行型はリコール問題があったというイメージがあります。

そんなイメージ払しょくのために、今回のフィットのマイナーチェンジではどう進化するのか。

出ている情報を見ていきましょう。

ハイブリッドシステムi-DCDの改良

アクアの優れたTHS2が、ヴィッツにも採用されたり、ディーゼルモデル搭載のマツダデミオなど、環境機能が優れたライバルが続々と出る中、日産に関しては電気自動車の技術を採用した新たなハイブリッドシステムのe-POWERを投入し話題となりました。

そうなると、フィットも負けてられません。

そこで、フィットに採用されているSport HYBRID i-DCDが改良されると見られています。

それによって、燃費性能が向上して、アクアの燃費性能のJC08モード37km/Lを上回るのではと予想されています。

ノートe-POWERの燃費性能に関しては37.2km/Lですから、これを超えられるかどうかがポイントとなりそうです。

Sponsored Link

新型フィットにホンダセンシング搭載か

新型フィットには、ホンダ最先端の安全運転支援システムのホンダセンシングが採用される見通しです。

ホンダセンシングに関しては、

  • 衝突軽減ブレーキシステム
  • 標識認識機能
  • 誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

等の充実した機能がそなわっており、これをマイナーチェンジで装備することで、より快適なドライブを新型フィットで楽しむことができることになりそうです。

新型フィットのデザインはどう変わるのか

フィットのマイナーチェンジで最も気になるのがデザインがどう改善されるのか。

近年のホンダ車を見ていると、フロントのグリルあたりを改善してくる可能性が考えられます。

新型フィットのマイナーチェンジは2017年4月頃発表と大方予測

フィットのマイナーチェンジは、2017年4月頃に発表される可能性が高いと大方見られています。

リコール問題のイメージを払しょくして、アクアを超えられるような魅力を備えることができるのかどうか期待したいですね。


※あなたの車いくらで売れると思いますか?

「かんたん車査定ガイド」なら、あなたの愛車の買取相場が無料でスグに見れます。

少しでも高く車を売りたい人は是非参考にしてみて下さい。

⇒45秒で結果が分かる!かんたん車査定ガイドはこちら
Sponsored Link

関連記事

  1. マツダ CX-3のマイナーチェンジは2016年11月!Gベクタリ…
  2. ホンダ 新型CR-V 2017年型へフルモデルチェンジ!日本発売…
  3. スバル フォレスターがE型へ最後のマイナーチェンジ!2017年4…
  4. ダイハツ 新型タント・タントカスタムが2017年にフルモデルチェ…
  5. トヨタ86の新型のフルモデルチェンジは2020年頃!スバルと再び…
  6. ホンダ 新型N-BOXが2017年にフルモデルチェンジ!燃費性能…
  7. 日産 新型エルグランド フルモデルチェンジは2018年か?e-P…
  8. トヨタ新型車「ルーミー・タンク」2016年デビュー!発売日や価格…
PAGE TOP