新車モデルチェンジ情報

スバル フォレスターがE型へ最後のマイナーチェンジ!2017年4月実施

スバルのクロスオーバーSUVのフォレスターが現行型最後と見られるマイナーチェンジを2017年4月に実施します。

2018年にはSGPを採用したフルモデルチェンジが控えているだけに、世代交代前最後のモデルとなります。

ちなみに、1月22日には、D型のオーダーストップがかかっています。

フォレスター E型(2017年モデル)について

現時点で出ているフォレスターE型の最新情報はこちらです。

  • 特別仕様車のBrownLeatherSelectionとStyleModernを廃止
  • アイサイトのアクティブレーンキープアシストの作動可能速度が60kmへ変更(これまでは65kmだった)
  • X-BREAK専用色だったデザートカーキ、オレンジの廃止
  • X-BREAKモデルにオレンジステッチをあしらった内装色
  • アイサイトver3を全グレードに装備

また、2.0iグレードの6MT車は廃止になるものの、2.0i-Lグレードの6MT車は継続して発売されるという情報もあります。

その他、確定していないものの期待される機能としては、アイサイトの車線中央維持機能。

この車線維持機能については、これまでレガシィやレヴォーグに採用されてきましたが、新型インプレッサにも搭載されたことから、フォレスターにも搭載されることが期待されています。

ちなみに、デザインやボディ・足回りについてはほとんど変更がない見通しです。

現行フォレスターの大幅改良はすでにD型のビッグマイナーチェンジで済ましているため、今回は小改良に留まります。

<参考 2016年のD型で改良された内容>

  • 内外装のデザインの大幅改良
  • アイサイトver3の搭載
  • スバル車初の装備アダプティブドライビングビームをパッケージ化した「アドバンスドセイフティパッケージ」をメーカーオプションとして新設定
  • スバル車初のLEDハイ&ロービームランプ、ステアリング連動ヘッドランプを採用
  • シャシー性能の強化

ラストモデルとなるE型で大幅な改良が行われることはほぼないため、今回のフォレスターE型の内容は無難な所に落ち着いたと言えるでしょう。

フォレスター 2018年にはいよいよ世代交代へ

2018年には、いよいよフォレスターがフルモデルチェンジをして新世代へと交代する予定です。

新しいプラットフォームのSGPや新世代アイサイトの搭載など、注目部分は多く、人気が集まるのは間違いないでしょう。

ただ、安心という面では、世代交代前の現行フォレスターとして完成形となる今回のE型も捨てがたい所。

次世代のフォレスターまで一年待つのか、それとも熟成した完成形の現行フォレスターE型か、あなたはどちらを選びますか?

関連記事

  1. 日産 新型エクストレイルが2017年にマイナーチェンジへ!最新情…
  2. トヨタ 新型 エスティマ フルモデルチェンジは2020年!?新世…
  3. 新型アクアのフルモデルチェンジが2017年!燃費性能大幅向上か。…
  4. スズキ 新型ワゴンRのフルモデルチェンジが2017年!ヴェルファ…
  5. トヨタ新型車「ルーミー・タンク」2016年デビュー!発売日や価格…
  6. トヨタ 新型クラウンへのフルモデルチェンジは2018年!FCVが…
  7. トヨタ86の新型のフルモデルチェンジは2020年頃!スバルと再び…
  8. ダイハツ 新型タント・タントカスタムが2017年にフルモデルチェ…
PAGE TOP