新車モデルチェンジ情報

トヨタ新型車「ルーミー・タンク」2016年デビュー!発売日や価格等の最新情報!

トヨタが実質bBとラクティスの後継モデルとなる新型の2BOXコンパクトトールワゴン車「ルーミー(ROOMY)&タンク(TUNK)」を2016年に新発売することとなりました。

このクラスの車では現在スズキのコンパクトカー「ソリオ」が独走状態ですが、そこにトヨタが本格的に参入することとなります。

今回は、トヨタの新型車「ルーミー・タンク」のデザインや性能、発売日や価格といった気になる最新情報を紹介します。

Sponsored Link

トヨタ新型車「ルーミー・タンク」の最新情報

トヨタの5人乗りコンパクトトールワゴン新型車「ルーミー・タンク」の企画と開発については、ダイハツが行うこととなり、ダイハツでは「トール」という名称で同じく発売されることとなります。

また、それだけでなく、スバルからも「ジャスティ」として発売されます。

つまりトヨタの「ルーミー・タンク」とスバルの「ジャスティ」は、ダイハツ「トール」のOEM車ということになります。

ルーミーとタンクのデザインについて

トヨタのルーミー&タンクのデザイン画像はこちらです。

5

6

bBを彷彿させるデザインではありますが、トヨタ定番のキーンルックが採用されおり、エアインテークカバーにはルーバータイプを使用するなどスマートなデザインとなっています。

カローラをトールワゴンにしたようにも見えなくはありません。

7

縦型となったリヤコンビランプが採用されており、両側スライドドアになっているなど利便性も考慮されています。

そして、ルーミー とタンクのカスタムモデルとなるのがこちら。

8 9

ノア・ヴォクシーのコンパクト版といったイメージのデザインであり、リアのコンビランプがクリアランプになっている所も特徴的です。

「ルーミー」のボディサイズは、

全長:3,750mm
全幅:1,670mm
全高:1,740mm
ホイールベース:2,500mm

となります。

ソリオのボディサイズは全長3710×全幅1625×全高1745mmなので、ルーミー・タンクはソリオよりも多きくゆったりとした内容となります。

ルーミー・タンクのエンジンスペック

ルーミー・タンクに搭載されるエンジンはパッソやヴィッツに搭載されている1KR-FE型エンジンで、NAエンジンとターボエンジンの2種類となります。

◯NAエンジンのスペック

・1.0ℓ直列3気筒エンジン
・トランスミッションはCVT
・最高出力:69ps/6,000rpm
・最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm

燃費性能はJC08モードで24.6km/L

◯ターボエンジンのスペック

・1.0ℓ 直3気筒ターボエンジン
・トランスミッションはCVT
・最高出力:98ps
・最大トルク:14.3㎏m

燃費性能はJC08モードで21.8km/L

安全装備について

安全装備に関してはダイハツのスマートアシスト2が採用されます。

<スマートアシスト2の内容>

・衝突回避ブレーキ機能
約4-50km/hの速度域で、前方の車両との衝突の危険性が高まると、警告音と警告表示によって運転者の注意を喚起。さらに衝突の危険性が高まると自動ブレーキを作動させる。先行車との相対速度が約30km/h以内であれば衝突の回避を、約20-30km/hであれば、衝突による被害の軽減を行う。

・〈前方/後方〉誤発進抑制制御機能
シフトの入れ間違い、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を抑制するための機能。前方約4m以内に障害物がある状態でアクセルを大きく踏み込むと、約8秒間エンジン出力を抑制する。
II(無印でも6代目ムーヴ/3代目ステラは含む)ではソナーを利用して後方約2-3mの検知も行う。

・先行車発進お知らせ機能
停車時に先行車が発進した場合、ブザー音で通知を行う。自車と先行車が約3m離れると作動。

・衝突警報機能
走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性が高まると警告音と警告表示によって運転者の注意を喚起。

車両は約4-100km/hの速度域で前方約80m以内(速度差約60km/h以内)、歩行者は約4-50km/hの速度域で前方約40m以内。

・車線逸脱警報機能
約60km/h以上で走行中に車線から逸脱しそうになると運転者に警告する。

<引用:Wikipedia>

[ad#car-2]

各グレード内容について

グレードに関しては、ノーマルモデルとカスタムグレードを含めて全5グレード展開。

各グレードの内容は以下の通りです。

<Xグレード>

14インチスチールホイール
オートライト
ハロゲンヘッドランプ
165/65R14インチタイヤ
フロントスタビライザー
UVカットフロントドアガラス
リアプライバシーガラス
緊急ブレーキシグナル
助手席側電動スライドドア
マニュアルエアコン
2スピーカー
スマートキー
<Gグレード>
(Xの内容に加えて)

スマートアシスト2
クルーズコントロール
スーパーUV&IRカットガラス
オートエアコン
ドアミラーウインカー
マルチインフォメーションディスプレイ
車速感応型フロントワイパー
運転席側電動スライドドア
シルバーメッキ加飾ステアリングホイール
センタークラスターピアノブラック加飾
運転席アームレスト
4スピーカー
<G-Tグレード>
(Gの内容に加えて)

リアスタビライザー
<カスタムGグレード>
(Gの内容に加えて)

14インチアルミホイール
専用フロントスポイラー
専用メッキグリル
専用バンパー
LEDヘッドランプ
LEDGERフォグランプ
専用リアコンビランプ
本革巻ステアリングホイール
エアコン操作パネルピアノブラック加飾
ドアハンドルメッキ加飾
6スピーカー
<カスタムG-Tグレード>
(カスタムGの内容に加えて)

リアスタビライザー
15インチアルミホイール
175/55R15インチタイヤ

発売日と価格について

ルーミーとトールの発売日は、2016年11月9日となる予定です。

価格は、NAグレードが140万円~、ターボグレードが160万円~となる見通しです。

また、各ブランドで発売されるの車名については

・トヨタ店/カローラ店「ルーミー」
・トヨペット店/ネッツ店「タンク」
・ダイハツ「トール」
・スバル「ジャスティ」

となります。

ルーミー・タンクのまとめ

トヨタ・ダイハツ・スバルの包囲網でスズキのソリオを本格的に対抗する新型の2BOXコンパクトトールワゴン「ルーミー、タンク、トール、ジャスティ」の4台。

シエンタがホンダのフリードに並ぶほど人気車種となったように、これらの新型車もスズキのソリオに並ぶ人気車種となるのかに注目です。

[ad#car-10]

関連記事

  1. トヨタ86の新型のフルモデルチェンジは2020年頃!スバルと再び…
  2. スズキ 新型スイフト スポーツが2016年モデルチェンジ!ターボ…
  3. ホンダ 新型N-BOXが2017年にフルモデルチェンジ!燃費性能…
  4. 日産 新型エクストレイルが2017年にマイナーチェンジへ!最新情…
  5. 新型レクサスLSのフルモデルチェンジのまとめ!2017年末に日本…
  6. ホンダ 新型CR-V 2017年型へフルモデルチェンジ!日本発売…
  7. 日産 新型エルグランド フルモデルチェンジは2018年か?e-P…
  8. 日産 新型ノートはe-POWERで燃費性能UP!エンジン・発売日…
PAGE TOP